夏の北海道旅行のメリット

夏ならではの景色が楽しめる

北海道は冬のイメージがありますが、夏の北海道は自然が豊かでその季節ならではの景色が楽しめます。富良野では7月からラベンダーが見ごろになります。ラベンダー畑が各地にあるため、鮮やかな紫色のラベンダーを楽しめます。また、ラベンダーは香りも良く心地よい香りに包まれることで癒しの効果も期待できます。他にも北竜町では広大なひまわり畑が存在します。ひまわりを楽しめる期間は夏場の1ヶ月から2ヶ月という短い間だけですが、約150万本ものひまわりが一面に咲く光景は北海道の大地の力強さを感じさせてくれます。どちらも夏の間にしか見ることができない貴重な景色のため、夏の北海道旅行に行く際には検討したいスポットのひとつです。

夏でも過ごしやすい気候

夏の北海道は、気温が低く快適に過ごしやすいことも魅力のひとつです。7月から8月の間でも30度を超える日は滅多になく、夜間も25度を超える熱帯夜になることが稀なため、避暑地としても人気があります。また、夏場は釧路湿原ではカヌー下りができたり、積丹半島ではダイビングを行えるなど家族で楽しめるアクティビティも豊富です。夏休みを利用して観光で訪れる家族連れも多く、一部の観光スポットでは駐車場などが満車になりやすいため早めの行動を心がけましょう。冬場はスキーやスノボーを楽しむ人が多く訪れ、綺麗な銀色の雪景色を楽しめますが、夏場は家族で楽しめる豊かな自然と過ごしやすい快適な気温が魅力のため、自分の目的に合わせて北海道旅行を満喫しましょう。